児童発達支援士を独学で勉強するなら?ユーキャンや他対策例を詳しく紹介

  • URLをコピーしました!

児童発達支援士の資格は独学で取れるのかな…?

結論からお伝えしますと、児童発達支援士の資格は独学では取れません。発達障害を持つ子どものサポートのために正しい知識を付けたい、仕事のスキルアップに繋げたいと思っている方も多いでしょう。

そこで今回は、児童発達支援士が独学では取れない理由と体験談を含めた資格の取得方法をご紹介します。

目次

児童発達支援士は独学で目指せない理由は2つ!

繰り返しになりますが、児童発達支援士は独学では目指せません。その理由を2つ説明していきます。

児童発達支援士は独学では目指せない理由①:人間力認定協会が認定している資格

児童発達支援士は、人間力認定協会が認定する資格です。国家資格と違い、児童発達支援士認定講座を受講した上で資格試験にチャレンジすることができます。

試験だけを受講することはできないため、フリマアプリ等で教材を購入して学習を終えても試験を受講することができないため注意が必要です。

キャンペーンも行なっているのでお得な時期を見逃さないようにしましょう!

児童発達支援士は独学では目指せない理由②:専門的な知識なため独学では難しい

引用:人間力認定協会

児童発達支援士の資格を取得するためには、発達障害の子どもの特性はもちろん、子どもたちへの接し方なども学習する必要があります。

児童発達支援士の講座では、ケーススタディが多数用意されておりすぐに実践することが可能です。

知識以外の勉強もできるため、独学よりも効率的に学習することが可能です。

また日本の資格・検定AWARDS2022で注目の資格部門NO.1に選ばれており、注目されている資格でもあります。

児童発達支援士の特徴

児童発達支援士

引用:人間力認定協会
通信講座児童発達支援士
おすすめ度
(5.0 / 5.0)
資格の種類民間資格
受講料(税込)47,400円37,400円
(期間限定1万円割引!)
試験方法オンライン試験
難易度簡単

▼ 児童発達支援士のおすすめポイント

  • 発達障害の子どもに対する接し方が学べる
  • 仕事のスキルアップに繋がる
  • 初学者向けで基礎基本から学べる
  • オンライン受験で手軽に資格が取れる

児童発達支援士講座の詳細

▼ 児童発達支援士の教材

  • テキスト1冊(127ページ)
  • ワークブック1冊(36ページ)
  • DVD1枚

コンパクトな箱で届くので保管する場所にも困りません!

児童発達支援士はユーキャンで目指せる?

児童発達支援士はユーキャンでは目指せない

ユーキャンでは、児童発達支援士の資格は取得できません。

ユーキャンで目指せる発達障害に関する資格は、子ども発達障がい支援アドバイザーです。どちらが自分に合っているかしっり比較した上で検討していきましょう!

ユーキャンで目指せる資格は子ども発達障がい支援アドバイザー

子ども発達障がい支援アドバイザー

引用:ユーキャン
通信講座ユーキャン
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
資格の種類民間資格
受講料(税込)32,000円
認定発達凸凹アカデミー
難易度簡単

▼ 子ども発達障がい支援アドバイザーのおすすめポイント

  • 初心者向けで分かりやすい内容
  • イラストや写真を活用した教材が多数
  • 知名度の高い通信講座

ユーキャンでも発達障害について学ぶことができます。ユーキャンの教材は、テキストを中心に副教材や映像講義が多く、学習に取り組みやすい口コミが多いです。

一方で、専門職の経験がある方にとっては物足りなさを感じる場合もあるため注意しましょう。

教育関係者は、ユーキャンの講座では物足りなさを感じてしまうかもしれません。

児童発達支援士に関連する知識を独学で学ぶ方法3選

独学で学ぶ方法①:本で学びを深める

発達障害支援について独学で学習する方法の一つは、本で学びを深めることです。

コミュニケーションスキルに特化した内容や知識面に特化したものなど、さまざまな文献があります。

通信講座よりも手に取りやすく、価格帯も1,500円〜2,000円程度と取り組みやすいですね。

独学で学ぶ方法②:Youtubeで学ぶ

最近は、Youtubeでも発達障害支援について学習することができます。

本を読むことや座って学習に取り組むことが苦手な方でも比較的取り組みやすい方法ですね。

具体的な接し方や取り入れやすい遊びの方法などもYoutubeで学ぶことができます。

独学で学ぶ方法③:教育現場で学ぶ

保育園や幼稚園、放課後デイサービス、障害児入所施設などで実際に働きながら学びを深める方法もあります。

手っ取り早く取り組める内容ではありませんが、現場で働きながら学ぶことで様々なケースや発達障害の種類や子どもによっての違いなどを学ぶことができます。

具体的にスキルアップを目指している場合は、通信講座を利用したほうが効率的に学習することができますよ。

児童発達支援士のよくある質問

児童発達支援士の受講方法は?試験はどうやって受けるの?

児童発達支援士の講座は、テキスト・ワークブック・動画学習で自宅で学習を行います。

実際の試験では、オンラインテストページより随時試験を受けることが可能です。

受講期限はあるの?みんなどれくらいでテストを受けているの?

児童発達支援士講座の受講期限は、8ヶ月間です。※キャンペーンを除く

平均受講期間は1ヶ月程度です。早い方は1週間程度で試験に取り組まれています。

試験の合格率はどのくらい?不合格になったらどうしたらいいの?

児童発達支援士の合格率は、85%程度です。

万が一、不合格となってしまった場合は再受験が可能です。(受験料4,070円がかかります)

キャンペーンは定期的に行なっていますか?

キャンペーンは定期的に行なっています。内容も定期的に変更されます。

受講者の年齢層はどこが多い?

30代・40代の方が6割以上となっています。子どもへの援助のために受講する方が多いです。

結論:児童発達支援士は独学では目指せない!通信講座で効率よく学習しよう

▼ 児童発達支援士まとめ

  • 児童発達支援士は独学では目指せない
  • 初学者でも取り組みやすい内容
  • 独学では限界があるので通信講座を活用

発達障害を持つ子どもへのサポートや知識を基礎から学びたい方におすすめの資格になっています。

独学で知識をつける方法もありますが、効率よく学びたい方は資格の取得がおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次