児童発達支援士が怪しいって出てきたけど…9,000人以上が受講した資格って知ってた?【本音の口コミ多数】

  • URLをコピーしました!

児童発達支援士が怪しいって言われているけど、資格を取得しても大丈夫かな…?

結論からお伝えすると、児童発達支援士は怪しい資格ではありません

児童発達支援士の資格は、日本の資格・検定AWARDS2022で注目の資格部門NO.1に選ばれており、注目されている資格の一つです。

児童発達支援士が怪しいと勘違いされる3つの理由と口コミを徹底解説していきます。

目次

児童発達支援士は怪しくない!怪しいと思われる理由は?

児童発達支援士が怪しいと思われる5つの理由
  1. 人間力認定協会が怪しい
  2. 国家資格ではないので不安
  3. 似ている資格が多くてわからない
  4. 資格=就職ではない
  5. スキルアップできるか不透明
怪しい理由は?
確認しよう!

怪しいと言われる理由を一つずつ紹介していきます。

怪しいと思われる理由①:人間力認定協会が怪しい

引用元:人間力認定協会

児童発達支援士が怪しいと思われる理由の1つが資格を認定している人間力力認定協会を知らない方が多いため怪しいと思ってしまうからです。

人間力認定協会は、児童発達支援士を初めとする4つの資格の認定を行なっています。

民間資格を認定している協会の種類が多く分かりにくことも怪しいと感じてしまう理由の一つですが、発達障害支援についてしっかりと学べる資格のため信頼して良いでしょう。

聞き慣れない協会ですが、資格取得後の意見交換会にも力を入れている協会です。良い口コミも多いので確認してみましょう!

怪しいと思われる理由②:国家資格ではないので必要性に不安

怪しいと思われる2つ目の理由は、児童発達支援士は国家資格ではないためです。

そのため必要性を不安に感じて怪しいと思われることがあります。

▼ 児童発達支援士を資格取得を目指す理由

  • 教育現場で働いていてスキルアップをしたい
  • 発達障害について我が子のために学びたい
  • 子どもへの接し方を具体的に学びたい

仕事のスキルアップや我が子のために知識をつけ、資格を取得する方が多数います!

怪しいと思われる理由③:似ている資格が多くてわからない

怪しいと思われる3つ目の理由は、児童発達支援に関する資格が複数あって違いが分かりにくいことです。

実際に発達支援に関する資格は、4つ存在します。とはいえ、自分の持っているスキルや学びたい内容によって選ぶべき通信講座は異なりますよね。

スクロールできます
通信講座児童発達支援士子ども発達障がい支援
アドバイザー
発達障害支援士発達障害支援アドバイザー
資格認定人間力認定協会発達凸凹アカデミー日本発達障害支援協議会発達障害支援アドバイザー
初学者向け度
(4.5 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
受講料(税込)47,400円
37,400円
32,000円109,780円33,000円
特徴初学者向けの内容
実践しやすいスキルが学べる
超初学者向けの内容
知名度の高い通信講座
上級者向けの内容
金額は高め
3段階のステップで学習
教材はなくeラーニング

学習内容がそれぞれ異なるため、自分にぴったりのものを探しましょう!

怪しいと思われる理由④:資格=就職ではない

児童発達支援士が怪しいと思われる理由の一つに資格取得が直接就職活動に繋がるわけではないことが考えられます。

保育士や看護師、医師などは国家資格にあたり、資格を取得しなければ就職することができません。民間資格である児童発達支援士は、直接的に就職活動に有利になることは少ないため怪しいと感じる方もいます。

就職に直接影響しないから「怪しい」とは言い切れませんよね。注目されている分野の資格なので、取得しておくと就職でアピールポイントにもなりますよ。

怪しいと思われる理由⑤:スキルアップできるか不透明

民間資格に対して怪しいと感じている方の口コミも多く見られます。また資格を取得することでどのようにスキルアップできるのか不透明と感じている方も多いです。

▼ 児童発達支援士で学べること

  • 発達障害の基礎知識
  • 発達障害の子どもへの接し方や話し方
  • 自己肯定感を高める育児

知識以外にも発達障害を持つ子どもへのアプローチなどを学べます。

学びたい分野や習得したい知識を明確にした上で資格取得すると意味があるものになりますね。

児童発達支援士の悪い口コミ

児童発達支援士の悪い口コミは、2つです。詳しく紹介します。

児童発達支援士の悪い口コミ①:国家資格ではないから必要性が不明

児童発達支援士は、国家資格ではなく民間資格です。とはいえ、国家資格=民間資格より優れたもの、怪しいわけではないというわけではありません。

発達障害の子どもの特性やコミュニケーションの方法など、実践的なことを基礎から学ぶことができるため自身に合った方法であれば資格の取得を目指しましょう!

発達障害の基礎基本から学びたい方にピッタリの資格ですよ。怪しい資格と決めつけずに自分に必要か考えてみましょう!

児童発達支援士の悪い口コミ②:受講料が高くて悩む

資格にチャレンジしたいと思っても気になるのは、受講料ですよね。発達障害に関する別の資格では、受講料が10万円を超えるものもあります。

児童発達支援士は、37,400円と資格取得に取り組みやす価格になっています。口コミや体験談を参考にして、自分に合った資格かしっかりと確認した上で資格取得を目指しましょう。

お得なキャンペーンやセット割を利用して安い時期に取得するのも良いですね。

>>キャンペーン情報はこちら

児童発達支援士の良い口コミ

児童発達支援士の良い口コミは、全部で3つです。一つずつ紹介していきます。

児童発達支援士の良い口コミ①:子育てに活かすことができる

児童発達支援士の勉強をすることで子どもへの接し方が変わったと評判です。学習したことを子育てに活かしていけると知識がさらに定着していきますね。

発達障がいの子どもを持つご家族が資格を取得されているケースも多いですよ。

児童発達支援士の良い口コミ②:仕事のスキルアップになる

教育現場で働く方にとっては、児童発達支援士の資格を取得するために学習した知識は仕事に活かすことができると評判です。多くの子どもたちと関わる職業のため、臨機応変に対応するスキルも求められますね。

児童発達支援士の良い口コミ③:グレーゾーンの子どもへの関わり方の勉強のために

発達障害の子どもやグレーゾーンの子どもの両親が子どもとの接し方を勉強したいと思って受講されるケースもよく見られます。基礎基本から学ぶことができるため、子どもと接する上の声かけの仕方や接し方を見直すことができるでしょう。

児童発達支援士のキャンペーン概要

現在のキャンペーン情報は、以下の通りです。

最新キャンペーン情報

\ 限定企画!8月5日〜7日/

出典:人間力認定協会

代表理事の著書音声データ+模擬問題
プレゼントキャンペーン実施中!

児童発達支援士に関するよくある質問

児童発達支援士の受講者数はどのくらいですか?

児童発達支援士の最新の受講者数は、9200人です。※2022年5月時点

学習にかかる期間はどのくらいですか?

学習の期間は、個人によって異なりますがおおよそ15時間〜30時間程度です。

試験もオンラインになっているので、自分のタイミングで受けることが可能です。

公式LINEではどんな情報が届くの?

公式アカウントからは試験対策に関する情報やイベント・セミナーの情報まで配信しています。

資格取得ごの意見交流会などの情報もお伝えしますので、継続的な支援が期待できます!

教材はどのくらいで手元に届きますか?

申し込みから5日以内には、教材は発送されます。申し込みから1週間程度で手元に届きます。

 受講料以外に必要な費用はありますか?

児童発達支援士講座の受講料以外には、試験料(税込4,070円)が必要となります。

試験料は、実際に試験を受けるタイミングでの支払いとなるため申し込み段階では費用はかかりません。

結論:児童発達支援士は怪しくない!口コミをしっかり確認して資格を取得しよう

児童発達支援士は怪しい資格ではありません。怪しいと思われてしまう理由は全部で5つです。

児童発達支援士が怪しいと思われる5つの理由
  1. 人間力認定協会が怪しい
  2. 国家資格ではないので不安
  3. 似ている資格が多くてわからない
  4. 資格=就職ではない
  5. スキルアップできるか不透明
口コミを確認しよう!

日本の資格・検定AWARDS2022で注目の資格部門NO.1に選ばれており、注目されている分野の資格です。発達障害の子どもへの接し方や基本的な知識をしっかりと学びたい方におすすめします。

児童発達支援士の資格を取得する上で学べる内容や資格の活用イメージをはっきりさせて、資格の取得を目指しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次