発達障害コミュニケーションサポーターとは?口コミや評判・国家資格を徹底解説

  • URLをコピーしました!

発達障害コミュニケーションサポーターの資格って良いのかな?受講した人の口コミや体験談が知りたいな…

発達障害コミュニケーションサポーターの資格を取ってみたいけど、実際の口コミや体験談が少ないと不安になりますよね。そこで本記事では、発達障害コミュニケーションサポーターの口コミや体験談を紹介していきたいと思います。

自分に合った内容か確認した上で、発達障害コミュニケーションサポーターの資格を取得しましょう!

目次

発達障害コミュニケーションサポーターとは?

発達障害コミュニケーションサポーター

引用:人間力認定協会
通信講座発達障害コミュニケーションサポーター
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
資格の種類民間資格
学習目安15〜30時間程度
試験方法オンライン試験
合格率70%以上の正答率で合格
難易度やや簡単

▼ 発達障害コミュニケーションサポーターのおすすめポイント

  • 二次障害を防ぐためのコミュニケーションに特化
  • コミュニケーションスキルを高める方法が学べる
  • 子どもの年齢や段階に応じた訓練が学べる

発達障害コミュニケーションサポーターは、人間力認定協会が資格認定を行なっている資格の一つです。発達障害の知識だけでなく、子どもへの接し方やコミュニケーションの取り方を具体的に学べます。

児童発達支援士と同時に受講するとさらに知識を深めることができますよ!

発達障害コミュニケーションサポーターは国家資格なの?

発達障害コミュニケーションサポーターは、国家資格ではありません。児童発達支援士と同様で、民間資格です。

国家資格じゃないなら意味ないの?民間資格って怪しい…

「民間資格は意味がない、怪しい」と思われている方も多いですが、仕事のスキルアップとなる資格や子育てに直結して活かすことができる資格も沢山あります。

発達障害支援の資格である発達障害コミュニケーションサポーターは、保護者の方や育現場で働く方にが多く取得されています。

発達障害コミュニケーションサポーターの悪い口コミ

発達障害コミュニケーションサポーターの悪い口コミは、3つです。詳しく説明していきます。

発達障害コミュニケーションサポーター悪い口コミ①:金額が気になる

発達障害コミュニケーションサポーター資格を取得するには、38,170円かかります。発達障害支援の資格の中では比較的安価ですが費用がかかる面が気になりますよね。

学習内容が自分の求めている内容と合っているか確認した上で資格の取得に臨みましょう。

児童発達支援士とセット割を利用するとお得に取得することができますよ!

発達障害コミュニケーションサポーターの悪い口コミ②:オンライン試験で集中力が切れる

発達障害コミュニケーションサポーターは、オンライン試験となっています。自宅で受けれるため手軽ですが、環境を整えておかなければいけません。

試験時間は60分と短めですので、インターフォン対応や電話応対などが突発的に起こると合否に直結するため注意しましょう。

発達障害コミュニケーションサポーターの悪い口コミ③:資格は肩書きだけなのか

発達障害コミュニケーションサポーターは、民間資格であるため取得する必要性を理解されない場合があります。肩書きはもちろんですが、教材を使った学習をすることで効率よく学べるメリットもあります。

独学で発達障害の学習を進めるにも限界がありますよね。何から学んで良いか分からない方などにおすすめです!

発達障害コミュニケーションサポーターの良い口コミ

発達障害コミュニケーションサポーターの良い口コミは、3つです。詳しく説明していきます。

発達障害コミュニケーションサポーターの良い口コミ①:意識づけになる

発達障害コミュニケーションサポーターの勉強をすることで自分の至らなさを知れた、子どもと接する時に意識することができたと評判です。学習したことが子育てや仕事に直接活かせるため、保護者や保育士の方より人気が高いです。

発達障害コミュニケーションサポーターの良い口コミ②:子どもたちのために取得

子どもとのコミュニケーション方法をよりよくしたいとの思いで受講される発達障がいの子どもを持つ両親からの口コミが多いです。基本的な接し方やケーススタディを学ぶことで、日々の子育てでも実践しやすいですよね。

目の前の子どもに何かしてあげたい、どうしたら良いか分からない…といった方は、まずは知ることから初めて見ても良いですね。

発達障害コミュニケーションサポーターの良い口コミ③:スキルアップのために

近年、発達障害の子どもの割合が増えてきており資格に挑戦する教育現場で働く方が多いです。子ども達への接し方やコミュニケーションの取り方が学べ、知識が着くと冷静に職場でも対応できますよね。

保護者さんとの会話でも注意したい点がわかりますよ!

【体験談】発達障害コミュニケーションサポーターの資格取得方法

発達障害コミュニケーションサポーターの資格取得方法を体験談をもとに説明していきます。

学習スピードや試験を受けるタイミングは個人差があります。参考程度にしましょうね!

▼ 資格取得までの流れ

  1. 発達障害コミュニケーションサポーター講座を申し込む
  2. 教材が手元に届く(1週間以内)
  3. 勉強に取り組む(約15~30時間)
  4. オンライン試験を受ける(所要時間:60分)
  5. その場で合否判定
  6. 合格証の送付

実際に私が発達障害コミュニケーションサポーターに合格するまでのステップ

STEP
公式サイトより申し込みを行う

期間限定キャンペーンは見逃さないようにしましょう。

STEP
発達障害コミュニケーションサポーターの教材が届く

テキスト1冊・ワークブック1冊・DVDがセットで届きます。

STEP
学習を進める(約15時間)
  • テキストとワークブックを進める
  • DVDは試験前に対策として確認
STEP
オンライン試験を受ける(60分間)
  • 落ち着いた環境で試験を受ける
  • 急なインターフォンや電話などの対応に注意
  • 試験問題は戻ることができないので注意
STEP
その場で合否判定

結果は、その場ですぐに分かります。70%以上で合格です!

数日後に合格証が届きます。

オンライン受験は、時間も自由です。子供が寝た後のスキマ時間に受験もOKなのでサクッと資格取得が可能です。

発達障害コミュニケーションサポーターのキャンペーン

発達障害コミュニケーションサポーターのキャンペーンは、以下の通りです。

最新キャンペーン情報

\ 限定企画!8月5日〜7日/

出典:人間力認定協会

代表理事の著書音声データ+模擬問題
プレゼントキャンペーン実施中!

発達障害コミュニケーションサポーターのよくある質問

学べる対象は、幼児や小学生が中心ですか?

発達障害コミュニケーションサポーターは、4歳〜18歳までの発達障がい児・定型発達児を対象としています。

学童期と青年期に分けてトレーニング方法を紹介しているため、幅広い年齢層に対応することができます。

受講者数はどのくらいですか?

発達障害コミュニケーションサポーターの受講者数は、4,571名です。※2022年7月7日現在

受講期間はどのくらいですか?

発達障害コミュニケーションサポーターは、8ヶ月を受講期限としています。余裕があるように設定されているため、割引キャンペーン中に購入しても良いですね。

資格取得までの期間はどのくらいですか?

資格取得までの平均受講期間は、1ヶ月程度です。学習スピードは個人によって異なりますので、自分のペースで進めていきましょう。早い方ですと1週間程度て取得される方もいます。

合格率はどのくらい?不合格の時の対応は?

発達障害コミュニケーションサポーターの合格率は80%程度です。

不合格となってしまった場合は、受験料(4,070円)を支払い再受験することが可能です。

履歴書に記載することはできますか?

発達障害コミュニケーションサポーター資格は、履歴書に記載することができます。就職活動時にも役に立つ可能性があります。

結論:発達障害コミュニケーションサポーターを目指そう!

▼ 発達障害コミュニケーションサポーターまとめ

  • 二次障害を防ぐためのコミュニケーションに特化
  • 初学者でも取り組みやすい内容
  • 幼児期〜青年期まで幅広い年齢層に合わせた内容

発達障害コミュニケーションサポーターは、二次障害を防ぐためのコミュニケーションに特化した学習内容で子どもへの接し方を学びたい方にぴったりの資格です。

スキルアップや日々の子育てに活かしていきたい方は、ぜひ資格の取得を目指しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次